元彼に復縁したいと思わせる!復縁のきっかけになったlineはこれ

元彼と復縁をしたいと思っているけれども、どういう風に連絡をとればいいのか?わからない・・・。

そんな風に悩んでいる人の為に、実際に復縁をした女性が元彼にどのようなlineを送って復縁したいと思わせたのか?

また、復縁のきっかけとなったlineではどのようなものが多いのか?ご紹介します。

元彼に復縁をしたいと思わせたlineメッセージはこれ

元彼に復縁をしたいと思わせるにはどのようなlineメッセージが良いのでしょうか?

元彼に復縁したいと思わせたlineメッセージの特徴には次のようなポイントがあります。

復縁したいと思わせたメッセージの特徴

1.付き合っていた頃の嫌な感情を思い出させない

2.新しく変わったことを感じさせる

3.前よりも魅力的になったと思わせられる

相手に受け入れてもらえるタイミングで、こちらから連絡をとり、自然と、この3つを感じさせる内容を送ることが、復縁したいと思わせることにつながっていきます。

元彼があなたと付き合っていたということは、付き合っている最中に女として手を抜きすぎたとか、極端に太ったり外見が変わったということがなければ、元彼にとってあなたは彼女として”あり”に入っているはずです。

さらに、付き合っている時よりも輝いているということを感じられれば、まず

現状どんなふうに変わったのか?

元彼は気になり、会いたいなと思うようになります。

元彼とlineで復縁のきっかけを作る場合は、この3点は常に意識してください。

その為にも、

元彼との復縁

だけに、意識を集中させすぎないで、他の事で人生が充実している人の方が、復縁しやすいです。

元彼の復縁のみが、人生の生きがいとなってしまうとキラキラしていると元彼に感じてもらうのは難しいものです。


どうしてもあの人とやり直したい
専属の占い師が
復縁のポイントを無料でお届けします♡

元彼との復縁のきっかけになったlineのタイミング

この復縁のきっかけのLINEを送るタイミングというのも

元彼との復縁のきっかけになるlineを送るタイミングとしては

誕生日と新年のあいさつ

です。

誕生日や新年のあいさつのメッセージというのは、そこまで親しくない人同士でもやり合ったりという事がありますよね?

相手に対してよっぽどの嫌悪感がない時は返信が返ってくる確率も高く、そこから話がふくらみ、久々に会おうか?というところまで発展しやすいのです。

逆に、誕生日や新年のあいさつにメッセージを送って返事がないような場合は、

新しい彼女がいて悪いと思っている

よっぽどあなたに対してマイナスの印象が強い

このどちらかになりますので、返信がなければ、彼の気持ちが変わるまで少し時間をおきましょう。

ちなみに、別れる時に

別れたくない

とすがってしまった女性は彼の誕生日が近くても半年は気配をけすようにしましょう。

あまりにしつこくすがってしまった場合、彼のあなたへの印象がかなり悪い事が多いのです。

けれども大丈夫です。

男性脳というのは、女性と違って嫌なことは忘れるようになっています

半年全く、彼に対して何もアクションをしなければ、彼はあなたに対するマイナスの感情をすっかり忘れます。

送って受けとってもらえるタイミングでも、送ってはいけない文面もあります。まずは復縁のきっかけになるlineメッセージからご紹介します

元彼に送る復縁のきっかけになるlineメッセージはこれ

「久しぶり!今日誕生日だったよね?おめでとう」

こんな感じで、明るく短い文章の方が復縁に発展しやすいのです。。

これが新年の挨拶であれば

「あけましておめでとう!今年もいい年になるといいね」

こんな感じの文章が復縁に発展しやすいでしょう。

というのも、暗くて悩んでいる人と明るくていつもHAPPYで居られる人だったら、明るくてHAPPYで居られる人と一緒にいたいと思いませんか?

復縁のきっかけになるような挨拶のlineというのは、ジメジメしてて会いたくないなと思わせるようなものではなく、明るく元気でHAPPYを感じさせるようなものの方が返信が来やすいのです。

一番最初のきっかけになるlineでは、自分の事などはあまり語らず、

挨拶だけの短文をこころがけましょう。

男性に

長文LINEを送るとそれだけで重い

と思われてしまうので注意しましょう。

これは脳の構造が原因なのですが、男性脳というのは基本的に目の前の一つのことしか処理できません。

その為、一つの文面にたくさんの質問が入っていると、それだけで男性脳の処理能力を超えてしまい、返信できなくなります

女性は、それが自分でできるので、出来ない男性の気持ちがわかりにくいのです。

元彼とのlineのやりとりを復活させるきっかけ

挨拶メッセージも復縁のきっかけとして、一番多いものですが、新年も元彼の誕生日もずっと先・・・。

でも、半年全く気配を消して、彼と接触しなかったので、おそらく彼からの悪いイメージは消えているのではないか?と思う時はどうしたらよいのでしょうか?

元彼と再びやりとりができるようになるきっかけになるように一番はじめに送るlineの例はこれです。

「◎◎君 パソコンすごい詳しかったよね。今ノートパソコンで買うとしたら何が一番いいかな?」

こんな風に

彼の得意分野に関して教えて!

っていうメッセージをなげるということです。

この場合も連絡をとる理由がはっきりしていますし、その後のメッセージのやりとりの盛り上がり方によっては、一緒に買いに行く?なんて再会のチャンスもうまれます。

男性の大好物である

あなたの得意なこと教えて!

を元彼に使うメッセージは効果的です。

では、今度は一見良さそうに見えて復縁の確率が低い挨拶のlineメッセージの例をご紹介します。

復縁のきっかけとして駄目なlineメッセージの例

「今日誕生日だよね。今年も◎◎君のお誕生日をお祝いしたかった」

いくら、復縁したくてもこのような未練を感じる文章は相手が返信しにくくなりますし、相手が振った場合、自分が元彼女を振って傷つけてしまったと罪悪感を感じるようになります。

罪悪感を感じれば、またつきあってもらえるのではないか?というとそうではありません。男性は自分が振ってしまったという罪悪感を感じたくないので、その人と距離を置こうとしてしまいます。

これが人間の心理になるので、未練を相手に感じさせるようなメッセージを送ると復縁が難しくなります。

次に復縁しにくいメッセージをみてみましょう。

「お誕生日おめでとう。素敵な一年になるといいね。

◎◎君は最近何をしているの?

そういえば、一緒に行っていたパスタのお店覚えている?

今つぶれちゃって別のお店になったんだよ。」

一見、未練も感じさせないですし、明るいメッセージのように感じるのですが、とにかく長いのです。

一つのメッセージに

最近何しているの?

お店覚えている?

という2つの質問が入っています。女性にとってはlineメッセージも感情を共有するツールになるのですが、男性にとっては単なる連絡でしかないのです。

もっというならば、内容が情報伝達の意味をなさないメッセージに対して苦痛だと感じてしまう人すらいます。

復縁のきっかけとなるlineを送るのであれば、なるべく短めにして質問をいれるとしても1つにした方が復縁のきっかけになりやすいです。

けれども、質問がないメッセージの方がより復縁のきっかけにはなりやすいでしょう。

次のタイプのメッセージも相手から返信がなかなかこなくて、復縁のきっかけになりにくいメッセージです。

「お誕生日おめでとう。

あの時はわがままいっちゃってごめんね。

あれからずっと反省してて、今は変わったからまた会えたら嬉しいな」

一見、あの時から変わったよというような前向きなメッセージに思えるのですが、せっかくあなたに対して嫌な感情を忘れていた元彼に、別れたいと思った時の嫌な感情をまた思い出させてしまいます。

もう過去の事を反省しているとかは言わずに、全くの別人となって彼と出会いなおすんだという気持ちでいる方が復縁しやすいでしょう。

このように、送っても復縁のきっかけになりにくいメッセージをご紹介しました。次は明るくて短いメッセージを送った後に、復縁にいくまでにどうすればいいのか?ご紹介していきます。

元彼にlineメッセージを送った後に復縁の可能性を下げる行動はこれ

復縁のきかっけのlineメッセージを送った後に、やってはいけないことを繰り返していては、また復縁が遠のいてしまいます。

せっかく復縁のきっかけlineを送ったのですから、なるべく復縁できる行動をとっていきましょう。

こちらからlineメッセージを送っても元彼から返信がない場合

復縁のきっかけlineメッセージの返事がなくても、メッセージを連打しない

これは鉄則です。

女性は、復縁したい元彼に対して思い切ってメッセージを送ったのに返事がないと、不安になりますよね?

彼がメッセージをくれない理由に入院とか何かあるのではないか?

などと、本当の理由を知らなくてはいけないと思って、メッセージを次から次へといれてしまったり、電話をしてしまったりという行動をとってしまう人がいます。

けれども、これをやっては、今まで復縁をするために、少し彼と距離を置いて自分を磨いてきたすべてが台無しになります。

明るく短い挨拶メッセージを送って、返信がないようであれば、今はまだあなたに対するマイナスのイメージが取れていない場合や、新しい彼女がいて、前の彼女と連絡をとってはいけないと思っている可能性があり、

今は復縁の時期ではない

というサインです。

このサインを見過ごすと、また取り返しがつかなくなりますので、ここはゆっくり落ち着きましょう。

本当に運命の相手であれば、またチャンスは必ずめぐってきますので、焦らず復縁から遠のいてしまう行動をとにかくとらないという事に注意しましょう。

復縁のきっかけのメッセージを送った後、元彼から返事があった場合

復縁のきっかけメッセージを送った後、元彼から返事があった場合はどうすればいいのでしょうか?

とにかくこのチャンスを逃したくないと思ってすぐに返信してしまうと、せっかくのチャンスが駄目になる確率が多くなってしまいます。

何か、会話が続く時は、元彼が1時間後に返事をくれたのであれば、同じくらいの1時間が過ぎた後に返事をする。

文字数は、元彼がくれた返事の文字数よりも少なめに返事をするそのくらいのペースの方が復縁が成功しています。

あまりにも、復縁したいという気持ちがあふれて、元彼からの返事に対して即レス、長文をやってしまうと、また相手とのつながりがきれてしまいますよ。