復縁のアプローチの成功手順はこれ

復縁するために一番大事なことってなに?ときかれたら、あなたはなんて答えますか。なにもわからないより、なにかひとつでも「これ!」というものを知っておきたいですよね。復縁のアプローチとしてはずせないアレコレを、男女別にして探っていきましょう。

復縁のアプローチで成功しやすい期間は

復縁を語っていくうえで重要なポイントは、やっぱりアプローチに持っていくまでの「期間」と、アプローチからアタックへ持っていくまでの「期間」といえるでしょう。

このふたつの期間をハズしてしまうと、成功するはずだった復縁も失敗に終わってしまうかもしれないからです。ではこのふたつの期間について解説していきましょう。

復縁のアプローチに持っていくまではこの期間!

別れを選んでから復縁するためのアプローチには、3カ月~半年は必ずおくようにしましょう。

別れてからすぐはとくに失敗する可能性が高く、下手すると別れたときよりもさらに嫌われてしまいます。ふたりにとっての別れは、どちらが言い出したかに限らず双方ともにダメージが残ります。

付き合っていた年月が長ければ長いほど、思い出など積み重ねてきたものも多くあるはずです。そんなふたりが別れてすぐは、苛立ちや悲しみや嫌悪感などありとあらゆる感情が渦巻いている時期。その時期はお互いにとって静かに過ごすことが最善といえるのです。

別れから3カ月経過するようになれば、人間は状況を打破すべく前向き思考になり、さらに半年経過することで記憶もどんどん薄らいでいきます。

この時期に復縁へのアプローチを起すことで、相手に対して嫌な感情を思い起こさせずに済むのです。では、アプローチとはいったいなにをさすでしょうか。

復縁したい場合のアプローチとは、再びメールやLINEなどのやりとりを再開し、関係性を再構築していくことをいうのです。

別れ→3カ月~半年経過後(これを冷却期間といいます)にアプローチ開始 ということを覚えておくといいでしょう。

復縁のアプリーチでアタックへ持っていくまではこの期間!

アプローチが関係性の再構築ということは、もうおわかりかと思います。このアプローチの期間は相手へ復縁を感づかせてはいけません。

復縁を望んでいない場合もあるでしょうから、このアプローチ期間中に「この人復縁したいんだな」とバレてしまったら、とたんに距離を作られてしまうからなのです。

アプローチに持っていくまでの期間は3カ月~半年だとお話しをしました。では、そこから先のアタックへ進むには、さらにどのくらいの期間を要すればいいでしょうか。

アプローチ期間は関係性の再構築ですから、2カ月~半年かけるとベストでしょう。

この期間に別れた相手の対応をみて、おおよその察しがついてくるはずです。

連絡をしたときに、すぐに返事を送ってくる場合は良好といえますが、翌日や数日かかって返事が来る場合はアタックまで時間を要するでしょうし、返事がこない場合は復縁の可能性自体が低いとみていいでしょう。

アプローチ期間は、このような相手の反応を観察するのもとても大切なので、決して慌てないことが成功への近道といえます。

別れ→3カ月~半年経過後(これを冷却期間といいます)にアプローチ開始→さらに2カ月~半年経過後(これをアプローチ期間といいます)にアタック開始 ということを覚えておきましょう。


どうしてもあの人とやり直したい
専属の占い師が
復縁のポイントを無料でお届けします♡

元カノへの復縁のアプローチの仕方

女性は比較的わかりやすい反応をする人が多いのではないでしょうか。

復縁を求めている女性であれば、アプローチ期間中のやりとりも、かなり反応がいいはずです。

連絡のキャッチボールがポンポンと勢いがよければ、アタックまでの期間は大幅に短縮されて復縁することができるでしょう。

アプローチ期間中に、別れた元カノへ連絡をしたときに返事が一向に返ってこないとか、きつい言葉で返ってくるような場合には、復縁を諦めるという選択肢もあるでしょう。

しかし、問題は反応がイマイチわかりづらい女性や、反応がいまひとつよくない女性の場合です。

元カノのほうも「この人は復縁しようとしているんだろうか」と、男性のことを探っている可能性もあるでしょうし、臆病になって感情を出すのが怖くなっている場合もあるでしょう。

これに関しては付き合ってきた男性が、これまでの元カノの性格などから判断するのが一番いいでしょう。

復縁したいのなら、過去のことをほじくり返さないこと。言葉使いを乱暴にしないこと。

そしてやっぱり努めて明るく接することが大切です。

アプローチというのは、2人の関係性をもう一度構築しなおすことが目標だからです。

元彼への復縁のアプローチの仕方

男性に関しても似たようなことがいえます。元カレも別れた原因によっては、元カノに対する対応が大きく異なってきます。

女性側に問題があって別れた場合には、アプローチするまではやはり3カ月~半年はあけなくてはいけません。しかし、どういうわけか男性は半年~1年ほどすると女性に対する記憶が軟化してきます。

嫌な記憶や思い出よりも、楽しかった記憶のほうがクローズアップされやすい性質があるのです。

ですので、元カレへアプローチするのなら半年以上は経過しているほうがいいでしょう。

逆に元カレのほうに原因があって別れた場合は、あまり長い期間放置をしておくと危険かもしれません。可能性がないと感じて他の女性に目を向けてしまうからです。

この場合には、3カ月ほどしたらメールやLINEを送ってみるといいでしょう。驚きつつも喜んで返事を返してくるはずです。

ただし、やっぱりアプローチ期間中は復縁を匂わせたりせずに、信頼関係の回復に努めましょう。

「新しい彼女できた?」「毎日なにしてるの?」といった、相手を探る質問はタブーです。

他愛もない話題をさらりとするのが、相手にとって重荷にならずかつ、とても自然なので連絡をよこしてきたことに、違和感を感じづらいという利点があります。

復縁の成功率が高い時の相手の反応はこれ

復縁へ向けてアプローチ期間を経て、さあいよいよアタック!というそのとき、相手の反応がとても気になるものです。

こんな反応は復縁の成功率が高い!というものを男女別にご紹介していきますよ。

■元カノのこんな反応は成功率が高い!

メールやLINEを送ったときに返事はすぐに来る。または1時間以内にくる。

もし相手が忙しい職業に就いている場合には、その日のうちに返事が来れば、感触としてはいいものでしょう。

また、女性は好意をもつ相手に対してスタンプや絵文字を使いますので、これらが返事のなかにあれば復縁の成功率は高いと言っていいでしょう。

■元カレのこんな反応は成功率が高い!

元カレに対してメールやLINEを送ったとき、女性と同じようにすぐに返事がくればかなり喜ばしい状況です。やりとりをコンスタントにできるようになっていると、この時点でかなりいい感じといえるのですが、さらに元カレのほうから日常の出来事を連絡してくるようになれば、アタック期間に突入してもいいかもしれません。

■どちらにもいえること

LINEは既読か未読かがわかりますので、いつまでも既読にならないときは、復縁の可能性はゼロではありませんが時間を要するということを覚悟しましょう。

そして、未読になる回数が減ってすぐに既読がつくようになってきたら、復縁の成功率が徐々にアップしてきたといえます。

復縁のアプローチの成功手順まとめ

復縁は決して簡単なことではありませんが。かといって難易度が高いわけでもありません。

成功するカギは「期間」!この期間を重要視しながら、適切な言葉と態度で接していくことで、夢に見た復縁が成功するのです。